太古の新聞記事など

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和32年の丸井の就職試験の問題の一部

<<   作成日時 : 2009/06/01 22:22   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和32年(1957年)の丸井の就職試験の一部を載せる。

ただし

ブログの入力の都合上

表記を変更した箇所がある。




【丸井】

大学卒三倍、高校卒六倍

◇ 大学卒

作文

@ 消費経済における百貨店の立場について所見を述べよ。

A いかなる抱負を持って丸井に就職希望したか感想を略記せよ。


↑「丸井」については、特別な記号を使っていたが、入力の都合上、こう記した。

数学

) 甲方から乙地に至る道路がある。

  その距離の半分は平坦で残りは上りと下りである。

  この道を往復するのに毎時上りは1.5 km、下りは4.5 km、平坦は3 km の速さで行くと

  往きは5時間45分、帰りは4時間45分を要すと言う。

  上り、下り、平坦の距離は各々何kmか。


) 原価 8, 500円のオーバーに2割の利益を見込んで

  定価をつけておいたのを2割引で売り、

  また3割の利益を見込んである定価 26, 000円の洋服を2割引で売ったという。

  オーバーと洋服の各々の損益はいくらか。

  又オーバーと洋服とを合せた損益はいくらか。




常識

つぎの記号について国名と会社名を記せ。

(A) N・B・C  (B) A・A・P

(C) C・P・A (D) S・T・A

(E) M・V・D

つぎの言葉の意味を簡単に記せ。

(A) Copyright (B) Impact loan

(C) Controlled economy (D) usance

(E) Bill of Lading





◇ 高校卒


作文

) 吾が社に就職を希望した抱負を記せ。

) 社会人となる感想を記せ。


国語

つぎの□の中に最初のカナに当る漢字を記入しなさい。

イ) いぎ      1 □を申立てる

             2 □を説明する

) しゅうせい  3 誤を□する

            4 □の仕事

            5 動物の□

) かいほう   6 病気が□に向う

            7 束縛より□する

) しんぎ     8 □を守る

            9 □の程を確める

            10 問題を□する
     


英語

) つぎの日本語を英訳せよ。

(A) 何を差上げましょうか。

(B) その品を見せて下さい。

(C) 少しまかりませんか。

(D) いいえ、これは公定価なのでお引き出来ません。

(E) 少々お待ち下さいませ。


数学

T) ある商品を定価で売れば70円の利益がある。

 1割引で売れば2割引で売った時より3倍の利益があると言う。

 この商品の原価はいくらか。

 (算式及び答を明記のこと






↑ 北海道新聞 11面 昭和32年(1957年)11月7日木曜日の『あなたは“狭き門”をくぐれるか』『今秋の就職試験問題集』より。

↑ 著作権の保護期間が満了しているので転載自由とする。

解答は載っていなかった。

丸井】の「大学卒」の「常識」の2番目の問題の解答を作ってみた。


(A) 著作権。版権。 (B) インパクトローン

(C) 統制経済  (D) 手形期間

(E) 船荷証券




インパクトローンについては、下記サイトに解説が載っていた。

インパクトローンとは、使用使途に制限がない外貨貸付のこと。


使用使途に制限がある場合、タイドローン、プロジェクトローンと呼び、区別する。


本来、

インパクトローンは、開発計画に直接的には必要でないが、

その影響(Impact)として必要な原材料の仕入や経費を賄うためのローンという

意味合いの言葉であったが、

現在では、使用使途に制限のない外貨貸付に広く使用されている。




http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_1346.html

丸井】の「大学卒」の「数学」の解答を作ってみた。

) 

甲方から乙地へ行くときの平坦:x km

甲方から乙地へ行くときの上り:y km

甲方から乙地へ行くときの下り:z km

とおく。

条件より

x=y+z

x/3 + 10y/15 + 10z / 45 = 23/4

x/3 + 10y/45 + 10z / 15 = 19/4

↑ 分数は / で 入力した。

これらを連立させて解くと

x=6.75, y=4.5, z=2.25

これは、題意に適する。

以上より、上り:4.5 km, 下り:2.25 km, 平坦:6.75 kmである。




オーバーの定価は、8500×1.2 円である。

それから、2割引して売ったオーバーの価格は、8500×1.2×0.8 円である。

このとき、オーバーの損益は、8500×1.2×0.8−8500 円である。

これを計算すると、オーバーの損益は、340円の損失である。 ー @

また、洋服の原価を x 円とおくと

条件より 1.3 x = 26000

これを xについて、解くと、x = 20000

これは、題意に適する。

よって、洋服の原価は 20000円である。

洋服を2割引して売った価格は、26000×0.8円であるから

洋服の損益は、26000×0.8−20000 円である。

これを計算すると、洋服の損益は、800円の利益である。 ー A

@、Aより、オーバーと洋服とを合せた損益は、460円の利益である。

答え

オーバーの損益は、340円の損失である。

洋服の損益は、800円の利益である。

オーバーと洋服とを合せた損益は、460円の利益である。





丸井】の「高校卒」の「国語」の解答を作ってみた。

1 異議

2 意義

3 修正

4 終生

5 習性

6 快方

7 開放

8 信義

9 真偽

10 審議



丸井】の「高校卒」の「数学」の解答を作ってみた。

原価を x 円とおくと

定価は x+70 円である。


したがって

1割引で売ったときの利益は (x+70)×0.9−x 円であり

2割引で売ったときの利益は (x+70)×0.8−x 円である。


よって

(x+70)×0.9−x=3×{(x+70)×0.8−x}

これを整理して、xについて求めると

x = 210

これは、題意に適する。

以上より、原価は、210円である。


ちなみに、昭和55年3月に実施された北海道の公立高校入試を社会人が解いてみた結果が、北海道新聞 昭和55年(1980年)3月7日 金曜日 地方 札江 さっぽろ市内版(縮刷版) 19面に載っている。

札幌商科大学で経営学を専攻し、卒業後、丸井デパートで営業、販売マンとして7年のキャリアがある30歳の数学の点数は、52点(100点満点)だった。



http://63164201.at.webry.info/201011/article_10.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昭和32年の丸井の就職試験の問題の一部 太古の新聞記事など/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる