太古の新聞記事など

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学校で、児童・生徒にそうじ当番をさせるのはいけないと北海道庁職員が告訴(昭和37年8月)

<<   作成日時 : 2010/08/18 22:53   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

昭和37年8月18日、小学校で、児童・生徒にそうじ当番をさせるのはいけないと

北海道庁職員が札幌地方裁判所に告訴した。


北海道新聞 昭和37年1962年)8月19日 12版 11面

そうじ当番は不当

  手稲  児童の父親が訴える

【札幌】

児童、生徒に学校でそうじ当番をさせるのはいけない。


として

札幌郡手稲町金山、道庁職員、W泉 Tさん(42)が

同住所、手稲町立手稲西小学校 高橋五郎校長を相手どって

18日札幌地裁に告訴した。




 告訴状によると

W泉さんの子供は同小学校6年に在学中だが毎週3回そうじ当番をさせられている。

学校教育法や他の法律でも公立学校の児童・生徒に校舎の清掃作業に従事する義務を課していないし

校長や先生たちが生徒にそれを分担する権限はない。

だから児童・生徒を清掃作業に従事させているのは不当だ。


という趣旨。

これに対し道教委では

学校教育法の目標を達成するための教育活動のひとつとして行われているもので単に便宜的にやっているものではない。

児童、生徒に自然のうちに清潔な習慣、態度を養い保健思想を高め人間の品位を正すための教育活動としてそうじ当番もじゅうぶんな意義を持っている。


といっている。

↑改行、句読点、括弧、文字の大きさ、色、太さは読みやすいように改変した箇所がある。漢数字を洋数字に改変した箇所がある。実名はぼかした箇所がある。番地も省略した箇所がある。その他は、原記事通りに入力した。
イメージしやすいように、現代の札幌市立手稲西小学校付近の地図を載せた。

札幌地裁に告訴されていて、法律論争になっているのだから、北海道教育委員会は

〜法の〜条は、〜と述べていて、それは、〜と解釈できるから、〜だ。


とコメントするべきだっただろう。


このような抽象的なコメントだったら、新聞読者の、北海道教育委員会に対する印象が悪かったのではないかと、私は、この新聞記事を読んで、思った。


【コメントに対する返事】

現時点では、判決がどうなったかという新聞記事は持っていません。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
判決がどうなったかご存知ですか?
一読者
2011/01/06 04:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小学校で、児童・生徒にそうじ当番をさせるのはいけないと北海道庁職員が告訴(昭和37年8月) 太古の新聞記事など/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる