太古の新聞記事など

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽光線でまぶしくて、野球のボールが頭に当たり、レフトの野球部員が死ぬ。(昭和37年9月9日)

<<   作成日時 : 2010/08/29 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和37年9月9日、高校1年生の野球部員が、高校のグラウンドでバッティングの練習中、レフトを守っていたところ

ボールが飛んできた。

しかし、太陽光線(直射日光)でまぶしかったので、目がくらんだ。

その結果、高校1年生の野球部員は、受け損なって、ボールが、右こめかみに当たった。

そして、頭蓋内出血で死亡した。


北海道新聞 昭和37年1962年)9月11日 12版 11面

ボールがあたり死ぬ

  野球部員 バッティング練習中

遠軽】 野球部員が 練習中 頭に ボールが 当たり 頭がい内出血で死ぬという事故があった。



 紋別郡 丸瀬布町 上武利、農業、H田 T光さんの二男 宏君(16)=遠軽高校1年、野球部員=は

9日午前

同校グラウンドでバッティングの練習中 レフトを守っていたが

飛んできたボールが太陽光線のなかにはいったため目がくらみ

受けそこなって右こめかみに当たった。

同君はその場に倒れ 意識を失ったため 直ちに 紋別郡遠軽町中央病院にかつぎ込み 手当てをしたが、10日午後1時35分死亡した。

同病院では札幌医大に応援を求め、遠軽自衛隊を通じヘリコプターの手配をしていたが間に合わなかった。

竹岡校長の話

 こんなことになって申しわけない。

このような事故はいままでもなかったので、まさかと思っていたが、今後はじゅうぶん気をつけ、事故のないようにしたい。



↑改行、句読点、括弧、文字の大きさ、色、太さは読みやすいように改変した箇所がある。漢数字を洋数字に改変した箇所がある。実名はぼかした箇所がある。その他は、原記事通りに入力した。
イメージしやすいように、現代の遠軽高校のあたりの地図を載せた。

この新聞記事は
http://63164201.at.webry.info/201008/article_10.html
に載せてある。



ちなみに、遠軽高校には、野球部が、今でもあるらしい。


野球

2005年に全国高等学校野球選手権大会(いわゆる夏の甲子園)北北海道大会で初の準優勝となり、続く2006年も連続して準優勝で甲子園へあと一歩と迫った。



北海道遠軽高等学校』のWikipedia

なお、最近では、サングラスをかける野球選手も多いらしい。


偏光フィルターを用いたものは偏光グラスと呼ばれ、単純に色が濃いサングラスよりも眩しさを抑える効果が高いため、スポーツや釣りなどの際に使用される。



野球選手が屋外球場のデーゲームの守備時に太陽の眩しさで捕球に支障を出さないように着用することも多い。



サングラス』のWikipedia

大雑把なまとめ

太陽光線でまぶしくて、受け損ねたボールが右こめかみに当たり、死亡した野球部員がいるので、

昼間、晴天のときに、屋外で野球をするときは、サングラスをした方がいいかもしれない。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
太陽光線でまぶしくて、野球のボールが頭に当たり、レフトの野球部員が死ぬ。(昭和37年9月9日) 太古の新聞記事など/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる