太古の新聞記事など

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和40年度の東京大学入試合格発表

<<   作成日時 : 2013/04/30 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎日新聞 東京版 昭和40年(1965年)3月22日 月曜日 13版 13面
現役が過半数 東大合格発表

地方勢の進出めだつ

十余年の宿願達した人も

 
先生 うかった。

恩師と抱き合う学生。

われを忘れたようにうずくまる母親。

どうせダメさ。

浪人生活がしみついたようなくわえタバコの青年ー。 

新しい東大生2827人の合格者発表が21日午後6時半、東京目黒区駒場の教養学部正門前で行なわれた。
掲示板の前は深夜まで緊張した顔で埋まり、春の宵を明暗二色に描き分けた。


○・・・ことしの目立った傾向は、現役と地方出身者の進出だ。
現役が、過半数の57.6l(昨年は43.9l)を占め、32年(28l)に比べるとざっと2倍の進出ぶり。
一方、1年浪人が昨年の45lから33.8l、2年浪人が11.1lから8.6lと軒並みに減っている。

○・・・出身別では昨年ふえた東京出身者が、ことしは減り、東京が1197人に対し地方が1630人となった。
出身高校のベストスリーは昨年と同様、日比谷、西、戸山と東京勢が占めているが、地方の灘が昨年の9位から8位に、浦和は14位から11位と進出、15位までに地方から5校(昨年3校)が食い込んでいる。

 女子の合格者は92人(昨年113人)と減っているが、これは看護学科がことしからなくなり、男女共学の保健学科に切りかわるのが原因だという。

○・・・変わり種では25年に私立新潟明訓高校を卒業した△□芳夫さん(33)=写真・新潟市白山浦○の5○=が文科一類にパスした。
材木商を営む△□正次さん(64)の二男で、男3人、女1人の兄弟だが、高校時代から東大いちずにねらい、ようやく念願を果たした。
25年高校を卒業、翌26年東大受験に失敗してから家業を手伝いながら27年、29年と続けていどんだがいずれも失敗。
この間26年から1年間法大文学部に籍をおいたが、33年には外語大英語学科に入学、大学院1年までやって38年郷里に帰った。

 38年12月、はつ子さん(28)と結婚、同市学校町▽に洋酒バーを出したが、店の方は妻にまかせっきりで、東大受験にすべてをかけていた。
両親も東京の友人宅にいるというだけで、だれのところにいるか知らないという。

 15年目に合格の報を持って△□さん方を訪れたが、バーは休み。
白山浦の実家では父親はじめ家族が寝耳に水で
ほう、合格しましたか。

といっていた。(新潟

○・・・29年に石川県七尾高を卒業、理科三類にパスしたI 川勝之さん(29)=東京豊島区西巣鴨○の1××6=はいわば転身組。
高校時代の担任だった奥井道夫教諭の話では、同校から東京工大に入学、同大卒業後、帝国人絹に入社しているが、医者になりたいと東大理科三類を受験したという。(金沢


高校別合格者数(本社調べ

日比谷 181
西 127
戸山 110
麻布 90
教大付 87
新宿 71
教大付駒場 66
灘(神戸) 65
小石川 63
開成 54
浦和(埼玉) 52
湘南(神奈川) 50
旭丘(愛知) 49
小山台 46
栄光(神奈川) 46 


改行、句読点、括弧、文字の大きさ、色、太さは読みやすいように改変した箇所がある。漢数字を洋数字に改変した箇所がある。実名をぼかしたり、詳細な住所を省略した箇所がある。その他は、原記事通りに入力した。


画像

うかった」とうれし涙で抱き合う親子、友人・・・(東大駒場の教養学部で

↑実名の一部や住所の一部を消した。

2013年度(平成25年度)東京大学入試の合格者のうち
現役:63.6%

1年浪人:33.0%

2年以上浪人:3.4%

である。

東大入試データのページ』の『合格者の現役・浪人別割合の推移
http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/joho/todai/todai_data_2.html#data

昭和40年ごろ、浪人がたくさん、いたことについて、補足する。ただし、私の推定である。

現役の受験のときには、試験の受け方に慣れていなかったが、一浪のときは、予備校で、試験の受け方を指導され、受け方に慣れて、合格する者が多かった。

そして、予備校では、浪人生は、あまり、勉強しなかった。

だから、一浪では、浪人の効果があったが、二浪以上は、浪人の効果があまり、なかった。

そう考えるのが自然である。

そういうわけで、予備校で浪人していた受験生は、あまり、勉強せず、のんびりすることができたので、楽しかっただろう。

もっとも、二浪以上で受験がうまくいかなかった浪人生は、不合格がわかった後、青ざめただろうが・・・


ちなみに、公式HPによれば
平成24年度入試の新潟明訓高等学校
東京大学合格者数:0人
京都大学合格者数:0人
大阪大学合格者数:0人
名古屋大学合格者数:0人
東北大学理学部合格者数:1人(現役である
東北大学工学部合格者数:1人(現役である
九州大学合格者数:0人

である。

また、公式HPによれば
平成23年度入試の石川県立七尾高等学校
東京大学合格者数:1人(現役である
京都大学合格者数:4人(そのうち、3人は、現役であり、1人は浪人である
大阪大学合格者数:7人(全員、現役である
名古屋大学合格者数:8人(全員、現役である
東北大学合格者数:0人
九州大学合格者数:1人(浪人である

である。

帝国人絹は、今の帝人株式会社である。

1915年11月 - 秦逸三と久村清太が、山形県米沢市で東工業(株)米沢人造絹糸製造所を設立。
1918年6月17日 - 東工業から帝国人造絹絲株式会社として独立。
1962年11月 - 商号を帝人株式会社に変更。

↑「帝人」のWikipedia

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昭和40年度の東京大学入試合格発表 太古の新聞記事など/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる