太古の新聞記事など

アクセスカウンタ

zoom RSS 1978年(昭和53年)3月実施 北海道大学入学試験 日本史 大問1

<<   作成日時 : 2014/08/09 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1978年(昭和53年)3月実施 北海道大学入学試験 日本史 大問1の問題文を載せておく。

北海道新聞 昭和53年(1978年)3月5日(日曜日) 特集 12面に載っていたもの

大問1 次の文章a・b・c・d・eを読み, 下の問に答えよ。

a 「東の天皇, 敬(つつし)みて西の皇帝に白(もう)す」に始まる国書を携えて外国に渡った大使は( A )であった。

この時, 同行した学生・学問僧は8人であったが, のちに(1) 高向玄理と並んで国博士となった有名な人物もその中に加わっていた

b しばらく途絶えていた( B )は, 8世紀の初めに復活し, 執節使に粟田真人が任命された。

彼の人となりについて, 渡航先の国の歴史書は「真人好んで経史を読み, 文を属するを解し, 客止温雅なり」と記している。

(2) この使節の中には万葉歌人としてよく知られている人物の顔も見られた

c 「西道の謡」を作って渡海することを拒否した小野篁を国にとどめて海を渡った一行は460余名の大人数であった。

それに随行した僧侶の円仁は, 現地で旅行記を書いた。

この記録の中に「 (3) 鑑真和上の素影を安置す。・・・更に中門内の東端に過海和上の碑銘あり。其の碑の序に, 鑑真和上が仏法の為に渡海せることを記す」の一節が見られる。

d 「熙寧(1068〜77年)の末, 余, 相国寺に遊び, 日本国の扇を売る者を見る。・・・索価(売価)絶高(非常に高額), 余, 時に貧に苦しむ。以てこれを買うなし」と, この時代の中国人は『皇朝類苑』という本に書きとめた。

これは10世紀の後半から始まった(4) この国との貿易の一端を物語るものでもある。

のちには, この国との貿易を積極的に行うために, (5) ある泊を修築させた人物もあらわれた

問1 ( A )に適当な人名を記入せよ。

問2 下線(1)の部分に出てくる有名な人物とは誰か。

問3 ( B )に適当な語句を記入せよ。

問4 下線(2)の部分に出てくる万葉歌人とは誰か。

問5 下線(3)の人物が日本に最初に伝えたものは何か。

問6 下線(3)の人物が最初に伝えたものを僧侶に初めて授けた場所は, どこの寺であったか。

問7 下線(4)の貿易における日本の相手国はどこの国か。

問8 下線(5)の部分に出てくる人物が保護した著名な神社は, 何という神社か。



ブログなので、入力方法を変更した箇所がある(たとえば、ふりがなは、括弧をつけ、その中に入れた)し、読みやすくするために改行を頻繁にした。

 【北海道新聞に載っていた解答
問1 小野妹子  問2 僧旻   問3 遣唐使  問4 山上憶良

問5 戒律     問6 東大寺  問7 宋   問8 厳島神社


どこかの予備校が作った解答なのだろうが、問2の解答は「」でも可である。

朝廷は留学生の高向玄理や, 学問僧の旻・南淵請安らを, 遣隋使とともに隋に派遣し, 中国の制度や学問・宗教などを学ばせた。

↑『日本史B 新訂版』(文部科学省検定済教科書。高等学校地理歴史科用。実教出版。平成14年1月25日発行
p 34

隋との国交も開かれ, 小野妹子などの遣隋使には留学生や僧が従い, 中国の制度や文化を熱心に学んだ。

↑『中学社会 歴史』(文部省検定済教科書。中学校社会科用。教育出版。平成10年1月20日発行)p 45

したがって、問1は、中学校の歴史の教科書から出題されていることがわかる。

ちなみに、「小野妹子」は、2004年(平成16年)11月実施 高2 進研模試 総合学力テスト 地歴Bの日本史B 大問1でも出題された。


8世紀には, 朝廷は唐にたびたび使いを送った。

阿倍仲麻呂のように, 船が難破して帰国できず, 唐で一生を終えた人もあったが, 遣唐使は, 進んだ唐の制度や文化を日本に伝えた。

また, 唐の僧の鑑真のように, 苦難のすえに日本に渡来し, 仏教の発展につくした人もあった。


↑『中学社会 歴史』(文部省検定済教科書。中学校社会科用。教育出版。平成10年1月20日発行)p 48, 49
ブログなので、改行を頻繁にして、見やすくした。

したがって、問3は、中学校の歴史の教科書から出題されていることがわかる。

院政が始まると, 天皇と上皇とが対立することが多くなり, 貴族も党派をつくって争うようになった。

1156(保元元)年, 都では, こうした皇族や貴族が, たがいに源氏や平氏の武士を味方に引き入れ, 戦いを起こした。

この保元の乱によって, 皇族や藤原氏の力は弱まり, 3年後の平治の乱で源氏をおさえた平清盛が, 武士として初めて政治の実権をにぎることになった。

清盛は, 大輪田泊(今の神戸港)を修理して, 中国(宋)の商船をむかえ, 貿易をさかんにした。


↑『中学社会 歴史』(文部省検定済教科書。中学校社会科用。教育出版。平成10年1月20日発行)p 65
ブログなので、改行を頻繁にして、見やすくした。

したがって、問7は、中学校の歴史の教科書から出題されていることがわかる。

大問1の8問のうち、3問が、中学校の歴史の教科書から出題されたことがわかる。


昭和40年代の中学校の歴史の教科書は持っていないので、平成10年の中学校の歴史の教科書で計算した。

したがって、大問1のうち、37.5%が、中学校の歴史の教科書で解くことができることがわかる。

中学校の歴史の教科書が、高校日本史の基礎として重要であることがわかる。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1978年(昭和53年)3月実施 北海道大学入学試験 日本史 大問1 太古の新聞記事など/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる